DMPを使って情報収集をする│ユーザーを増やすためのサポートも

うまく利用する

IT

データマネジメントプラットフォームは通称DMPとも言われいます。これは、インターネット上にあるいくつものサーバーに保管されている豊富なデータや情報を分析したり、自分達の企業が管理している情報やデータを管理したり、分析したりすることでユーザーに広告やメール配信などのアクションプランを効率よくするために使われるプラットフォームの事をいいます。DMPには二つの種類があり、オープンDMPと言われるものは、Webサイトを閲覧した事があるユーザーのデモグラフィック情報、興味を示したものや好みなど外から入手したオーディエンスデータを整理し保管する倉庫のような役割を担っています。プライベートDMPは、企業が集めたユーザーの購買情報やプロファイル、プロモーションのまとめなどを集めて、この情報を外部から得た情報と合わせ構築するプラットフォームのことをいいます。今までは、外部のデータを簡単に得ることができませんでした。しかしプライベートDMPはそのデータを得ることができ、企業側で保管し管理することができるのです。こういった方法で情報を集め、企業の発展に繋げることができるDMPは、使い方によってはユーザーを増やすこともできるため、どういった方法で利用するのか何が目的なのかを明確にした上で利用していきましょう。そうすることで、より快適に利用することができ企業にも良い影響を与えることができます。DMPには有料のものや、無料のものがあるためお試しとして無料のものから利用してみるのも良い方法です。

資料とPCを操作する人

ツールの確認

企業が挑戦してみたいと思っているマーケティング施策に適したDMPを選んで使ってみましょう。施策に合わせて必要になってくるツールが異なってしまうため事前に確認をしておくことが大切です。

女性

DMPの種類

様々な種類のDMPがあるため、どういった用途で使った方が良いのか迷ってしまうことがあります。そういった場合は、DMPの種類を一度調べて企業が求めているものを見つけてみて下さい。

レディ

過去の情報を参考にする

DMPを使って顧客の管理することができれば、自社内の異なるブランドユーザーの情報もまとめて管理することができますし、過去の利用内容に合わせて広告を配信することができます。